薬剤師求人と福利厚生~寮や託児所がすべてではありません!~

病院の薬剤師求人:寮・託児所完備について

病院薬剤師を希望する方の中には、寮や託児所が完備されている職場を望んでいる方もいらっしゃるでしょう。例えば、寮が完備されている場合、自分の居住地より離れている病院にも勤めることが可能ですし、託児所が完備されていれば、お子さんと一緒に通勤できて安心して預けることができます。
薬剤師パート求人が気になる方は?

寮も託児所も働き手からすると大変ありがたいものであり、実際にニーズも高いようです。しかし、寮や託児所が完備されている病院となると、やはり大規模は病院に限られてくる傾向が強いと言えます。

小規模の病院の場合は、これらの設備が整っているところは滅多にみられません。その代わりに、福利厚生で補うような形をとっているところもあるようです。ですから、このようなシステムをとっている病院を探すのもいいかもしれません。

また、寮や託児所完備の病院は、それらを希望する方はメリットが大きいと言えますが、設備内容によっては不安や不満がでてくることもあります。そのようなことがないように、一度、実際に見学させてもらうと安心して利用できるでしょう。

寮や託児所が完備されているか否かは、求人情報で把握することができます。このような設備が整っている病院は、求人情報でアピールしていることが多いので、容易に比較することができるでしょう。ただ、寮や託児所完備という条件にばかりに気を取られていると、それ以外で条件の良い求人情報を見逃すおそれもあります。

前述しましたように、福利厚生で補っているという好条件の病院もあります。また、給与や待遇などの条件も考慮する必要があります。寮や託児所といった設備は完備されていても、生活レベルに直結する条件面が良くなければ、実際に働き始めて後悔することにもなりかねません。

そして、託児所完備の病院では、子育てに対して理解のある職場であるかも事前に把握しておきたいところです。いくら施設が完備していても、育児への理解に欠けている職場環境でしたら、働きにくい職場になる可能性もあります。

例えば、有給や育児休暇など必要な休暇をキチンと取得できるような職場であるか等々、詳細に確認しておくことが肝要です。
公益社団法人 福岡県看護協会

病院薬剤師:産休について

退職する薬剤師の中には、妊娠がきっかけになる方も少なくありません。女性は妊娠すると体調が変化しますので、これまで通りに働くことが困難になることも多々あります。かといって、体調不良で休みが多くなると、職場にも迷惑をかけてしまうことになります。結果的に、退職せざるを得なくなることも少なくないようです。

妊娠した場合を考えると、産休がしっかりとれる病院で働いたほうが良さそうです。退職せずに産休という形で、一時的に休職することができるので、妊娠計画も立てやすいでしょう。加えて、退職することによる経済的不安からも解消されますので、安定した家庭生活を得ることができます。

まだ独身で結婚など頭にない方には、産休が働く女性にとっていかに重要なシステムであるか実感することができないかもしれませんが、女性である以上、妊娠する可能性を考えて、いざときうときに困らないように、産休が取得できる病院を選択することは大切なポイントです。

産休がない職場では、代わりに有給休暇を消費していくケースもあります。しかし、産休が有給休暇と別に設けてあると休みも取りやすいですし、急に休みが必要になったときに有給休暇が足りなくて困るという事態も回避できます。

働く女性が多くなってきたこともあり、産休など女性に必要な休暇制度を整えている病院は増えてきているようです。ですから、病院を選ぶ際の選択肢の幅も以前よりは広がってきているでしょう。

求人情報をチェックする際に、休暇制度を必ず確認するように心がけましょう。有給以外の特別休暇の有無とその日数は、事前に詳細な部分までリサーチしておくことが大切です。女性だけではなく、家庭を持つ男性にとっても関わってくる問題ですので、男性も特別休暇のチェックは必須です。

ただし、特別休暇の枠があるからといって、自分勝手に休みをとれるというわけではありません。突発的な仕事が発生した場合は、対処しなければならない事態になることも考えられます。そういった場合には、仕事が一段落した後に、希望する休暇を問題なく取得できるかどうかも確認しておいた方がいいでしょう。